コアの英語教育法の基本とは | 天満で英語を! コアES天満

大阪・天満の英語・英会話教室 英検・TOEICで抜群の成果

コアの英語教育法の基本とは


step1 音声を繰り返ししっかり取り込みます。

コアでは、どの段階でもまず音声(CD)を聞くことに慣れ、なんども繰り返し聞くことによって、ネイティブの自然な英語どおりに音読や暗誦ができるようにします。

同時に語彙、センテンスをたっぷり自分の中に「溜めていく」ことができます。

「音」で入るこの方法なら、はじめて英語に触れる子どもでも無理なく「読む」ことができます。「音」は文法などの知識を超えて、直接に英語を理解するセンスをも養います。

step1 英語のしくみを身につけます。

英文を「溜める」だけでは英語はできるようにはなりません。日英の差異を知ること、つまりそれらの英語の「構造」がどうなっているかを、わかることが大切です。

コアでは、小学校4年生にあたる日本語の能力が飛躍的に上昇し、分析的になる時期から指導します。具体的には、英文を、英文の語順にそって訳していく「コア式語順訳」で学び始めます。

6年生では、文法の学習が始まりますが、それまでの英語を訳す活動の中で、自然に文法のルールが体得できるので抵抗感なくなじめます。

また、日本語を英語にする英作文も行いますので、両面から英語力が身につきます。それを踏まえて日本語を英語にする英作文も行い、両面から英語の構造を把握していきます。

step1 「社会人として通用する英語力」をめざします。

コアの教材は、中学の教科書と比べても、多様でたくさんの自然な英語に満ちています。

英語の構造を学ぼうとすれば、中学英語では「第一、第二、第三文型が大半で、第四、第五文型はほとんど出てこない」と偏っており、また、文法事項にいたっては幼児でさえ使う「仮定法」もいっさい出てきません。

英語学習の目標は、あくまでも「社会人として通用する英語力」!

コアでは、目標に到達するために、それぞれの段階で習得すべき学習内容を、英語教育の「理論」と「実践」の両面から考え、設定しています。年齢、段階が上がるにつれて、語彙をふやし、より多彩な文章表現に触れ、自分で表現できる文を増やしていきます。

コアのこの方法で学べば、「聞く」「読む」「書く」「話す」のどの場面でも、国際人として通用する英語力をつけることができるのです。