英語物語教材って、いい! | 天満で英語を! コアES天満

大阪・天満の英語・英会話教室 英検・TOEICで抜群の成果

英語物語教材って、いい!

2014年4月17日 木曜日

毎度毎度、「おとなの音読の会」のネタなのですが、
生徒さんの質問や反応が、
ほんとうに新鮮で「おっ!なるほど!」と思えることが多いのです。

先日の授業で、
「RUMPELSTILTSKIN(ランペルスティルツキン)」という物語教材の一文、

… ,the miller and his daughter made their way to the castle.

という英文を
粉屋と彼の娘は城へ(向かって)進んだ
と、訳したところ、

生徒さん
「”進む”って、こんな言い方もあるんですね」

“go”ではなく”make one’s way”が使われることで、
お城への道のりがどのようなものか、想像が膨らみます。

背景をもった英文に触れることの楽しさであり、利点です。

子どもさんの場合は、同じ物語を学ぶにしても、
英語の表現に触れることはほぼ初めて。

最初はただただ、英語を読んで訳をすることを一生懸命やるだけですが、
繰り返し、暗唱できるまでに溜め込まれた英文は
ずっと子どもさんの中に生き続けます。

どんなタイミングで、
「そうなんだ!」という気づきがでてくるかはわかりませんが、

go=行く
come=来る
と、単語帳で1対1の暗記勉強をしているよりも

ずっと深く広い単語の世界が
表には見えないところで広がっているのです。

2016年7月より、
小学低学年向けの物語教材を通信販売でお求めいただけるようになりました。
詳細はこちら