高校生TOEIC/TOEIC BridgeIPテスト結果[2011年春] | 天満で英語を! コアES天満

大阪・天満の英語・英会話教室 英検・TOEICで抜群の成果

高校生TOEIC/TOEIC BridgeIPテスト結果[2011年春]


コア生徒・高校生の半数以上が大学生平均(439点)を上回る!

2011年春のTOEICコア団体受験は、中学生5名、高校生59名、卒業生13名計77名が受験しました。高校生の最高点は800点、500点をこえた高校生は59名中24名(41%)でした。

TOEICテストを主催する国際ビジネスコミュニケーション協会のIP(団体受験)公式データ(DATA&ANARYSISネットでも公開)2009年度版によれば、大学生のIP受験者平均スコアは439点(大学1年…412点、大学2年…440点、大学3年…484点、大学4年…506点、受験者総数約31万人)。

コア生徒(高校生のみ・59名の集計)の本年度の結果は470点。大学生平均に31ポイントの差をつけました。以下が過去5年間の高校生のTOEIC受験で、大学生平均(439点)を越えた生徒の推移です。

また、今回特筆すべきはコア高校1年生(現高2生徒)19名のトータルスコアの平均が500点を越え、508点を獲得したことです。上記TOEIC公式データによれば、大学院生のトータル平均(受験者数8742名)507点を上回ったことになります。コア生徒の実力発揮というところです。

 

高校生の半数以上が大学生平均を上回る!
TOEIC Bridge受験の中高生もがんばりました!

TOEIC Bridgeの受験者は99名。うちわけは高校生20名、中学生76名、小学生2名、成人1名です。コア生徒と全国の生徒の平均を比較した表を参考にしてください。

コア生徒の学年別平均スコア

その他受験:小学生2名/成人1名
※全国データは2009年版(受験者数:中学生15658人、高校生57016人)

全国スコアとの比較
TOEICとのスコア比較

この表は実際の受験者データをもとに、TOEIC Bridgeのスコアからそれに対応するTOEICスコアを予測したものです。TOEIC Bridge130点はTOEICテストの345点に対応するスコアと見ることができます。

————————————————-

TOEIC(トーイック)は国際コミュニケーション英語能力テスト(Test of English for International Communication)の通称。英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストであり、世界約60ヵ国で実施。テスト結果は10点から990点までのスコアで評価されます。日本でも年間178万人が受験(2010年度)。大学・短大では英語課程の単位認定や推薦入試などに、また大手企業の大半で採用時にスコアが参考にされています。
関連記事: